過去の輝きが放つ 現在と未来
FC2ブログ

記事一覧

特別支援教育を受ける子どもたちを日本の主権の及ばない場所に放り出すとは 京都府立特別支援学校長会

  京都府の特別支援教育のシンボル    字治支援学校の開校へ【宇治支援学校】そして、平成23年度の字治支援学校の開校へと向かう。この学校は京都府の特別支援教育のシンボルであり、中核である。特異な存在であり、唯一無二の使命を担つていた。 京都府50年の思想団体による 「私教育」を完全に棄て「公教育」として公海の舵を切るフラッグシップ つまり、 新しい特別支援教育のすべてと最先端を実現している教育機...

続きを読む

特別が人権と関わるとして支援学校としたのなら 京都府立支援学校長会 と名のらないのはなぜ 京都府立特別支援学校長会

 大切なことなので 京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐ー公教育への道」をひ引き続引用してみたい。新しい特別支援教育時代として標準装備したのものは四点のみ 京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐ー公教育への道」では、  新しい特別支援教育時代の学校として標準装備したのは、 ①スクールバス運行の民営化 ②給食調理の民営化 ③高等部コース制の導入 ④標準服の制定などであった。 学校規模は当初100人...

続きを読む

特別 が 人権 と関わるとして 支援学校 としたのならその理由を明らかに 京都府教育委員会 京都府立特別支援学校長会

        京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐ー公教育への道」では、  地元府議会議員の意見や各校の管理職等からも意見聴取し、人権教育を推奨する地域であるため学校名から「特別」を外した「盲・理・〇〇支援学校」として校名変更することを認めたとしている。 京都府立特別支援学校長会や校長が、学校の単なる名称ではなく学校の基本形態を現す、特別支援学校名の「特別」を...

続きを読む

特別支援学校 の「特別」を外して「支援学校」と学校名称が決められたのは人権教育から 地元府議会議員の意見や各校の管理職等からも意見から 京都府立特別支援学校長会 

 京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐ー公教育への道」では、学校長としても、現行教育制度から考えても驚くことが書かれている。京都府立特別支援学校長会は、  開校までのエピソードも多々あるが、いくっかを紹介しておく。      略   開校にあたり、校名を「八幡特別支援学校」 とするか「八幡支援学校」とするかも教育行政では検討された。 当時、全国は「特別支援学校」と「支援学校」と「養護学校...

続きを読む

反対意見で泣き喚ぶ教職員はぺスト菌感染者たち 京都府立特別支援学校長会

京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐ー公教育への道」人としても教師としても校長としても京都府立特別支援学校長会としても書いていいとはされない 一時期、全国の学校で日の丸・君が代問題が「君が代」 の問題が大きな問題になったことは、よく知られている。 そのことについて、京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐ー公教育への道」は非常に多くのページを割いて書いているが、思い先行の文と京都府教育委員会や...

続きを読む