過去の輝きが放つ 現在と未来
FC2ブログ

記事一覧

ことば狩りした京都府教育委員会 を隠して 養護学校間の抗争を描く 京都府立特別支援学校長会

                        ※時系列に考えるため引用に西暦を加えています。  養護学校間の抗争が激烈であったとは  京都府立特別支援学校長らは、府政の転換を反権力、 反府教委を旗印とする勢力の危機感となったとして養護学校間の抗争が激烈であった、と次のように書いている。 新しい養護学校づく...

続きを読む

学校長 寄宿舎の12年間の毎日の生活は青春 を踏みにじる 京都府立特別支援学校長会

                      ※時系列に考えるため引用に西暦を加えています。  京都府立特別支援学校長会は、 城陽分校の重心教育部に転機が訪れたのは1986(昭和61)年の城陽養護学校開校であった。それまでに、1981(昭和56)年の南山城養護学校、1984(昭和599年の中丹養護学校の開校がある。第I 期の4校と比較し...

続きを読む

校長たちの上下達の逃げ 京都府教育委員会・京都府総合教育センターを批判しないで公教育の道を語る 京都府立特別支援学校長会

    ※時系列に考えるため引用に西暦を加えています。 京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐」は、京都府政の転換にともない、養護学校で、(京都府立特別支援学校長だった教師も居たであろう)アセスメントは、K式発達検査を唯一とし、開発に関わった研究者を聖人化し、彼の著書を聖書として だれも分からない狭い隠語の世界で自足していた。 この業界だけの用語と発想であることに気づかないのである。...

続きを読む

誰も知らないで 京都府立特別支援学校長になったとは  京都府立特別支援学校長会

      ※時系列に考えるため引用に西暦を加えています。京都府立特別支援学校長らは、人によって人を育てるためには、 絶えず社会で通じる新しい言葉を用いなければならないのだ、と書きながら社会で通じる新しい言葉で書かれていないのはなぜだろう。  絶えず社会で通じる新しい言葉を用いなければならないという、新しい言葉、とはどいう言葉だろうか。以下次のように書かれているが。 この時代、...

続きを読む

校長 後出しジャンケンで虚像を描く 京都府立特別支援学校長会

      ※時系列に考えるため引用に西暦を加えています。  京都府立特別支援学校長会発行「最後の晩餐」は、「発達の筋道はひとつ」であるというテーゼに殉じている以上、 そこに派生する概念と用語を使用しない者は、異教徒であり、信仰をもたない未開人かのごとくふるまっていた。 こうした京都府の養護学校ワールドは、外部のいっさいを拒否して多くのバリアーを張り巡らし、自らを保身していた。...

続きを読む