未分類 - 過去の輝きが放つ 現在と未来
FC2ブログ

記事一覧

校長たち 共産党の思想信条集団組合とする 教師が教育力量があったと証明

手当金を全額拠出するという戦術日本共産党の組合方針に従うものとまで書いた中心人物が    校長会が高く評価する支援学校長とは京都府立特別支援学校長たちは、「組合部長たちは、〇〇部長手当金を全額拠出するという戦術に出た。この問題は組合が、 思想信条集団であって、 決して組合員の福利厚生を問題にする組織だけではないという、 日本共産党の組合方針に従うものであった。」と書くが、まさにこの〇〇部長手当金を全...

続きを読む

学校長たちは ダレと血みどろの闘争をしたの

蜷川府政の「終わりの始まり」「終わらせない勢力」        の「終わらせない勢力」にいた人物が校長京都府立特別支援学校長会が「数知れない部主事たちの忍耐と敗北と屈辱と自己犠牲が理まっている舗装道路を高速走行して校長まで昇り詰める。」たひとりは、八幡支援学校を準備し校長と読みようがない。1978( 昭和5 3)年知事選挙において府政転換がなされ、保守政党の支持を得た知事が誕生...

続きを読む

血みどろの闘いの相手が支援学校の校長になっているとは 京都府立特別支援学校長会は虚偽

                                                            ※ 時系列に考えるため引用に西暦を加えています...

続きを読む

あやしすぎる京都府立特別支援学校長会の「最後の晩餐ー公教育への道」 「冷たい視線」から「笑って話せる」部主事と教育実践からの回答

                                                    ※時系列に考えるため引用に西暦を加えています。 京都府立特別支援学校長会2018(平成30)年2月「最後の晩餐ー公教育への道」...

続きを読む

盲・聾・養護学校の子どもたちと教職員を人間と認めず侮蔑する京都府立特別支援学校長会

                                 ※時系列に考えるため引用に西暦を加えています。組合・分会が脅迫、集団いじめ排除、「嫌がらせ」をしたかのように描く京都府立特別支援学校長会2018(平成30)年2月「最後の晩餐ー公教育への道」は、「部主事管理職化」の経過と今日の課題である。特別支援学校の構成から、各...

続きを読む