2019年01月 - 過去の輝きが放つ 現在と未来
FC2ブログ

記事一覧

教職員のいのちと健康をまもることすら背をむける 京都府立特別支援学校長たち

 警察官の公務災害認定を遙かに上回る事態の中で   京都府立高等学校教職員組合の行動が 長期病休で休む人や転勤希望する部主事の原因を組合にあると京都府立特別支援学校長会は書いている。 1993(平成5)年度に発足した部主事会は、 管理職制度という枠づくりの時代、教育行政が下した英断に押し出され、文字通り血の汗をかきながら、「どんなことがあっても、負けないぞ」と屈辱の泥沼から這い上がってきた。 こう...

続きを読む

教職員の現職死亡・病休の大増加に触れないで 長期病休で休む人や転勤希望する部主事の原因を組合にあるとする 京都府立特別支援学校長会

  文章は前後するが、1993(平成5)年度以降京都府教育委員会の英断つくられたとする部主事という管理職制度という枠づくりの時代に長期病休で休む人や転勤希望する部主事もいた理由を、京都府立特別支援学校長会「最後の晩餐」は以下のように書いて、組合・分会が、部主事を長期病休で休む人や転勤希望するようにしたとしている。   公教育を推進する税金で運営されるため  必要な体質改善のための最善手  部主事...

続きを読む

校長に昇り詰める 血の汗が流された舗装道路を高速走行して 京都府立特別支援学校長会

   京都府立特別支援学校長会「最後の晩餐」の1993(平成5)年度に発足した部主事会は、 管理職制度という枠づくりの時代、教育行政が下した英断に押し出され、文字通り血の汗をかきながら、「どんなことがあっても、負けないぞ」と屈辱の泥沼から這い上がってきた。こうした状況の中で、長期病休で休む人や転勤希望する部主事もいた、とする考えは、多くの過労死や病人を生みだした広告会社最企業の鬼の十則を思い浮かべさ...

続きを読む

生徒や教職員を最大限侮辱 忍耐と敗北と屈辱と自己犠牲の上に君臨する京都府教育委員会・校長会 京都府立特別支援学校長会

  1993(平成5)年度に発足した部主事会は、 管理職制度という枠づくりの時代、教育行政が下した英断に押し出され、文字通り血の汗をかきながら、「どんなことがあっても、負けないぞ」と屈辱の泥沼から這い上がってきた。こうした状況の中で、長期病休で休む人や転勤希望する部主事もいた。と書かれた京都府立特別支援学校長会「最後の晩餐」の文は、長期病休で休む人や転勤希望する部主事への思いやねぎらいの文もない。...

続きを読む

校長への道は 血の汗と「どんなことがあっても、負けないぞ」と這い上がるサバイバル京都府立特別支援学校長会 

   京都府立特別支援学校長会の「最後の晩餐」には、  常識的に考えて、 京都府立特別支援学校長会の主張は今日の教育法体系や制度、京都府の条例規則などを投げ捨てて、自画自賛て自己の思い込みだけで書かれている。  それを許していた京都府教育委員会の責任は大きい。  教職員への  一方的で高圧的と思われる様子が 京都府教育委員会は、京都府立特別支援学校長会に耐えず同席し、その意見を聞いてい...

続きを読む